読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかねこの本棚

読んだ本の感想を書いたり紹介したりするところです

86ーエイティシックスー 安里アサト

あらすじ

 

サンマグノリア共和国。そこは日々、敵国である「帝国」の無人兵器《レギオン》から侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、かろうじて犠牲を出すことなくその脅威を退けていた。.......そう、表向きは。共和国全85区の外、存在しない《第86区》、そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《無人の有人機》として戦い続けていた。

死地へ向かう若者達を率いる少年シンと、共和国内の管制室から特殊通信で指揮を執る指揮管制官となった少女レーナ。2人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる.........。

 

 

点数  100点中100点

 

 

 

 

感想  ※ネタバレ注意

 

本屋で初めてこの作品を見た時、正直買うかどうか迷った。なぜならこういう軍事物のラノベは当たり外れが大きい。どうしても設定が難しくなりがちな軍事物は作者の文章力が問われる。こういうラノベはいかに分かりやすく、しかし引き込むように読ませるかが大事。文章力、語彙力、構成力全てが必要とされる軍事系ラノベこそ作家の本当の実力が分かると私は思っている。

それを踏まえた上でこの小説、全てが完璧だった。場面転換の激しい戦闘シーンをハッキリと、美しい文で書き上げ、ストーリーはまさに王道の感動物。難しい言葉を多様することは知識をひけらかしているようで嫌味になりやすいが、全然そんなことのなかった言葉たち。これぞ小説!って感じでした。これを読まずにこれからのライトノベルは語れないでしょう。そんな素晴らしい作品でした。

まるで人だな、ルーシー 零真似

あらすじ

 エキセントリックボックス、それは普段は箱だが、時には人にもなる不思議なもの。所有者は人身御供となり、1分間何でも出来るようになる力を使えるようになるが、使う度に代償として悲しみ、愛情、キスのおいしさなど自分を構成するものを1つずつ奪われる。しかも能力を使用して人を助けると、その人から、自分に関する記憶が消えてしまう。奪われた要素はエキセントリックボックスのものとなり、エキセントリックボックスはより人に近づいていくが、人身御供は段々と人間らしさを無くしていく。そんな中主人公は自分以外の人身御供に出会い、厄介なことに巻き込まれていく.......

 

 

 

点数 100点中83点

 

 

 

 

感想 ※ネタバレ注意

この小説を読んででまず最初に思ったことが文章の凄さだ。今までのライトノベルを覆すような美しく、力強く、しかし読みやすい文。内容が内容なだけにライトノベルに位置しているが、一般文学に出ても全然通用する文章力だと思う。そしてこの文章で書かれる壮大なストーリー。正直この小説は設定勝ちな気もする。強い力には代償がいる。ありそうだけどなかった話を上手に書き上げた素晴らしい作品だ。ただ残念な点が1つだけ。

 

それは後半の話の展開の仕方。真白と分かれるところまでは凄い良かったのに、氷室に呼び出されたあたりから急に話が見えなくなった。氷室が自分が死んでまでして主人公をヒーローにしようとしているところまではなんとか理解出来たが、なぜ隣人が記憶を失っていないのかさっぱり理解できない。「私は私だ」という意志だけで記憶がいじられないなら主人公も苦労しなかっただろう。自分の読解力が無いだけかもしれないが、もう少しわかりやすく書いて欲しかった。

でも、贄にした感情はまた補充すればいいという考え方。そこは素直に感心した。

 

 

上記の点が良くなったら100点満点の小説だった。でもこの時点で自分が読んだライトノベルの中で1、2を争うぐらい小説だった。是非読んでほしい。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない1 伏見つかさ

あらすじ

妹、 高坂桐乃は雑誌のモデルになるくらいの美人だ。他にも陸上で全校大会に行ったり、県内4〜5位の成績だったりとかなり出来た人間だ。しかし彼女には誰にも言えない秘密があった。それは「妹ゲー」好きのオタクだという事実。ある日、兄である高坂京介に「人生相談」としてこのことを打ち明けるが……。

 

 

 

 

 

点数 100点中78点

 

 

 

 

 

感想  ※ネタバレ注意

有名なライトノベルを今更ながら読んで見たが、ラノベ特有の文の軽さの割にはしっかりと中身があって面白かった。ライトノベルは1巻が売れなくて打ち切りになったとき用に、1巻だけで1度物語を完結させる(と、個人的に考えている)だけあって、妹が父親オタバレしたあとの展開に少し無理があったような気がする。そこの部分でもう少し読者をちゃんと納得させるような話が書けていたらとてもいい作品になっていたと思う。ここからどうやって話を広げるかが楽しみ。

 

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

あらすじ

 祖母である万葉は『辺境の人』に置いていかれた千里眼の持ち主だった。長じて製鉄業で財を成した旧赤朽葉家に望まれて輿入れし、千里眼奥様となった。

 母は漫画家だった。子供ではなかったが大人にもなりきれなかった母は、終わってしまった青春に縋るように漫画を描いていた。

 私は何者でもない。祖母や母のように何かをしたわけでもなく、ただただ生きてきた。しかし、祖母が死ぬ間際に残した謎。それが私を変える。 祖母は一体何者だったのか。赤朽葉家に生きた3人の女を描いた作品。

 

 

 

 

 

 

点数  100点中90点 ※あくまでも個人の感想です

 

 

 

 

 

感想(ネタバレ注意)

 この物語は三部構成で出来ている。一部は千里眼奥様、赤朽葉万葉。二部は青春時代は暴走族、高校を卒業すると漫画家という異色の経歴を持つ赤朽葉毛毱。三部は何かをした訳では無い、ただ普通に生きてきた赤朽葉瞳子

 

この物語は一部、二部まではその人の人生が綺麗な、しかし力強い文で書かれている。そして三部は、祖母が死ぬ間際に言った一言「私は、人を殺したことがあるんだよ」の真相を確かめるべく、主人公である瞳子が動く。祖母は本当に殺人者なのか、それとも単なる誤解なのか。祖母の周りでなくなった人物を調べるが……。

 

この本は人の一生(瞳子は死なないが)がとても美しく書かれている。一部、二部では激動の時代を生き抜く二人の女の姿が瞳子の過去語り形式で書かれている、が、赤朽葉万葉、毛毱という人物に自分の中で形成され、簡単に感情移入できる。だから悲しいシーンでは時折泣きそうになった。ここまで人を魅了させるのも、流石桜庭一樹といったところだろう。

そして三部、瞳子による推理パートだが正直いってあまり面白くなかった。どうも推理の後付け感がある。確かに「空飛ぶ男」は一部の一番最初から伏線を張っていたが、一部、二部の面白さと比べると「うーん」って感じだった。確かに三部も自分語りにしてしまうとオチがなくなってしまうのはわかるが、そこを綺麗にまとめることが出来たら文句無しの100点の小説だった。

 

 

桜庭一樹らしい、「少女」をメインにした小説だった。美しく、力強い文で書かれるこの小説は是非ともオススメしたい。