あかねこの本棚

読んだ本の感想を書いたり紹介したりするところです

まるで人だな、ルーシー 零真似

あらすじ

 エキセントリックボックス、それは普段は箱だが、時には人にもなる不思議なもの。所有者は人身御供となり、1分間何でも出来るようになる力を使えるようになるが、使う度に代償として悲しみ、愛情、キスのおいしさなど自分を構成するものを1つずつ奪われる。しかも能力を使用して人を助けると、その人から、自分に関する記憶が消えてしまう。奪われた要素はエキセントリックボックスのものとなり、エキセントリックボックスはより人に近づいていくが、人身御供は段々と人間らしさを無くしていく。そんな中主人公は自分以外の人身御供に出会い、厄介なことに巻き込まれていく.......

 

 

 

点数 100点中83点

 

 

 

 

感想 ※ネタバレ注意

この小説を読んででまず最初に思ったことが文章の凄さだ。今までのライトノベルを覆すような美しく、力強く、しかし読みやすい文。内容が内容なだけにライトノベルに位置しているが、一般文学に出ても全然通用する文章力だと思う。そしてこの文章で書かれる壮大なストーリー。正直この小説は設定勝ちな気もする。強い力には代償がいる。ありそうだけどなかった話を上手に書き上げた素晴らしい作品だ。ただ残念な点が1つだけ。

 

それは後半の話の展開の仕方。真白と分かれるところまでは凄い良かったのに、氷室に呼び出されたあたりから急に話が見えなくなった。氷室が自分が死んでまでして主人公をヒーローにしようとしているところまではなんとか理解出来たが、なぜ隣人が記憶を失っていないのかさっぱり理解できない。「私は私だ」という意志だけで記憶がいじられないなら主人公も苦労しなかっただろう。自分の読解力が無いだけかもしれないが、もう少しわかりやすく書いて欲しかった。

でも、贄にした感情はまた補充すればいいという考え方。そこは素直に感心した。

 

 

上記の点が良くなったら100点満点の小説だった。でもこの時点で自分が読んだライトノベルの中で1、2を争うぐらい小説だった。是非読んでほしい。